起業準備.com

町田・相模原・横浜でITを使った販売促進コンサルティング

オフィスをどこに構えるか

office

起業する場合、どこの場所で開業するかが重要です。
コンサルティングやネットビジネスあれば自宅でも出来ますが、住所を知られたくなかったり、物理的に仕事できない環境であれば他の手段がいろいろとあります。

自宅

一番お手軽に立ち上げる方法です。
法人登記も出来ますが、何か問題があった際に自宅を知られたくなければ別の場所を借りたほうが良いです。

ただし、自宅マンションなどが「居住専用」「事務所として使用してはいけない」などの規定がある場合は、トラブルのもととなりますので別の方法を考えるしかありません。

私書箱

住所だけを貸してもらうサービスです。オプションとして、電話対応や郵便転送なども行っているところが多いです。
ネットショップなどを開く際に自宅住所を公開したくない場合使うことが出来ます。

月額2,000円ぐらいから利用でき安価に住所を確保したい場合、オススメです。
ただし作業スペースは無いので実際に仕事するためにはどこか場所の確保が必要です。

郵便局の私書箱サービスを利用する場合、住所が「私書箱○○号」となり、明らかに私書箱だとわかってしまうため注意が必要です。

シェアオフィス

コワーキングスペースやバーチャルオフィスとも言います。
自由に使えるオフィスで基本的に固定席ではなく、仕切りもありません。

大体2時間500円からと安価に使える事ができ、有料で法人登記できるサービスもあります。
法人登記する場合は、15,000円ぐらいの月額費用に住所利用の費用が必要です。

共有の会議スペースもあり、周りの人とコミュニケーションを図りたい場合もオススメです。

セキュリティは無いに等しいので個人情報を扱う仕事の場合は、レンタルオフィスをおすすめします。

レンタルオフィス

レンタルオフィスは狭いながらも完全ある個別スペースを有している点がシェアオフィスとの違いです。

共有の会議室もあります。

個室の場合5万円ぐらいから借りることが出来、コンシェルジュサービスが受けられる所もあります。

貸事務所

自由度が高く、自分にあった場所、広さが選べます。
また、自社オフィスという信用度も得ることが出来ます。

ただし、契約時に敷金、礼金、家賃数カ月分の必要となり初期投資がかかります。
また、オフィス家具も自分で用意する必要が有るため注意が必要です。
法人の設立年数が5年未満や法人人数が10名以下の場合、保証人を求められることもあります。

貸店舗

好きな場所で好きな内装で行えるのが特徴です。

貸事務所と同じで、契約時に敷金、礼金、家賃数カ月分の必要となり初期投資がかかります。

居抜き物件があると、内装費などの初期投資がかからずに済みます。ただし居抜き物件ということは、その場所で商売をしていてうまく行かなかった可能性が高い場所なの注意が必要です。

インキュベーションオフィス(地方自治体、大学などのオフィス)

インキュベーションオフィスとは、起業や創業をするために活動する入居者を支援する施設です。
月額6万円ぐらいの安価な賃料とセットでインキュベーションマネージャーによるコンサルティングや共有会議室などの利用が可能です。

ただし地方自治体や大学が運営しているため、入居には一定の審査が必要な事が多いため、レンタルオフィスに比べると入居するためのハードルは少し高いです。

-事業計画
-, ,